2011年10月09日

近況報告〜其の二

大賀ハス
台風12号による災害発生から1ヶ月以上が経ちました。

古座川町の災害ボランティアセンターが閉所になったので、
今は那智勝浦に行ってます。

災害ボランティアセンターの人に聞いたところ、平日のボランティアが不足してるようです。
これはやっぱり古座川町と同じ。
とゆーことで。
日曜・祝日は仕事をして、その代わり平日にボランティアに行けるよう、スケジュール調整です。
一人店長やので、この辺は自分の さじ加減ひとつで何とかなる……

(あ、一応ちゃんと仕事してますよ。)


最初に那智勝浦の被災地に入ったとき。
災害発生から3週間以上経ってるから、そこそこ復旧が進んでると思ってたのですが、
意外にそれほど進んでなかった。
これはちょっとビックリでした。

後で聞いた話では 『これでも だいぶ綺麗になったんですよ』 とのこと。

そうなんや〜 少しずつ片付いてるんや……

週に2〜3回のペースで通ってみて分かりました。
これだけの被害を受けたら、みるみる復旧作業が進むとゆーことはない。

2日ぶりに現場に行ってみたら、劇的に綺麗になってた。

なんてことは無いんですよね。

地元の人たちの頑張りとか、ボランティアとか、その他、色んな方々の協力があって。
ちょっとずつ  ちょっとずつ  復興してゆくんですよね。

  

Posted by nobufish at 22:19Comments(2)TrackBack(0)

2011年09月18日

近況報告

串本町
ずいぶん長いこと日記の更新が止まってました。

8月の夏まっさかりの間、ただ単に仕事が忙しかったのでバタバタしてたんです。
健康的に汗を流してました。

9月に入って少し落ち着いてきました。

そろそろ元の生活ペースに戻そうかな……

と思ったところへ、紀伊半島を襲った例の豪雨災害。

知人・友人・仕事上のお得意様方々。 ご心配いただき、ありがとうございました m(__)m 

ウチの工房がある串本の町中は、写真の通り海に挟まれた細長い地形やので、
大雨で被害を受けるとゆーことは ほぼ無いです。
津波には弱いけど雨には強い地形です。
今回の大雨でも何事もなかったかのように、普段と変わらない、いつもの町並みです。

が、しかし……
TVニュースでもやってる通り。
紀伊半島のあちこちの河川近くや山奥では被害甚大です。
物凄いことになってます。
実際に現場で見たら唖然とします。



しばらくの間、、被災現場の復旧作業を手伝うことにしました。
ガラスエッチングの仕事をしながら合間をみて行くので、毎日は無理ですけど、
出来るだけ時間を作ろうと思います。

日記の更新は今まで以上に不定期になるかな…

  
Posted by nobufish at 23:37Comments(13)TrackBack(0)

2011年04月02日

再開しました

杉林と白い花
ガラスエッチング頑張る週間で、日記の更新を休んでました。

2月末から4月に入るまでの1ヶ月ちょい。 受注が集中するんです。
ドタバタしてたらアッちゅう間に過ぎる。
とゆーのが毎年の恒例になってきました。

例年と大きく違うことは。  地震災害。
連日ニュースで色々なことが報じられてますね。
それを観て、思うこと考えることは色々ありますが、書いてたらもの凄く長くなるので省略します。

今は自分に出来ることを、精いっぱいやろう!  と、思います。
小さなことしか出来ないでしょうけど。
全国的にそーゆー小さなコトが集まって復興の手助けになれたら…
と願ってます。
  
Posted by nobufish at 11:38Comments(4)TrackBack(0)

2008年01月10日

樫野崎灯台

樫野崎灯台-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


和歌山県は大島とゆー島の岬、樫野崎に灯台があります。
そのまんまですが樫野崎灯台。

前回のスイセンにまつわる話で2番煎じっぽいですけど、
地元の人なら誰もが知ってる話、樫野崎灯台にまつわるお話をチョット… 

 

昔むかしの明治時代…
とある荒天の日の夜に、ちょうど樫野崎灯台の沖を通りかかったオスマン帝国(今で言うトルコ)の軍艦
エルトゥールル号が悲運にも座礁しました。

嵐の夜に座礁、自体は深刻です…
真っ暗闇の海に投げ出された人もたくさんいるでしょう…

 

岸の近くまで流された船員の一人が必死の思いで岸まで泳ぎ着き、
そこから灯台の明かりを目指してさらに険しい崖を這い上って灯台の宿直員に助けを求める。

宿直員は異国の言葉は解らないけど、その人の身振り手振りで事の大変さを悟り、
村人全員に呼びかけて救護活動にあたります。

大多数の船員が死亡または行方不明になりましたが、なんとか60数名の人が救出され。
そしてその後数日間、それらの人々のケガの回復をはかるために献身的な活動が行われたそうです。
(食べ物が豊かでない時代なのに、非常用の食料を提供したとか)

 

以来、ここ串本町大島とトルコは友好関係を結び、
マイナーではありますが行事など催したりしてお互いの国を行き来してる人もおったりします。

ご興味があって更に時間があるって人は、この記事を読んでみてください〜。
エルトゥールル号遭難事件フリー百科事典『ウィキペディア』参照

 

 

と、普通ならここで話は終わるのですけども。
今宵のワタシはしつこいです! (すんません)

今から数年前に、偶然TV番組を観て知ったエルトゥールル号遭難事件の後日談。
めちゃめちゃ感動した話です。

 

確か1980年代だったでしょうか?
イラン・イラク戦争の真っただ中、戦況がますます激しくなってきてる時に
サダムフセインが、『今から48時間後に、我が国の上空を飛ぶ飛行機は全部撃墜する』
という発表をしました。
(24時間後だったかもしれませんが記憶があいまいで定かではないです)

ここで焦ったのはイラクに住んでる日本企業の人々。
戦況が激化してるのでイラクにこのまま残るのは非常に危険、
でも出国できるまで、つまり飛行機に乗れるタイムリミットは残りわずかです。
一刻も早く日本に帰りた!!!!
が、どこの国の航空会社も自国の国民を優先して日本人を乗せてくれない。

当時、(というか今でもでしょうか?) イラクから出てる日本の航空会社の便はなかったそうです。
 

 

どうしよう……

大混乱だったそうです。

 

 

でも何ということでしょうか!
日本人達の窮地を知ったトルコの航空会社(トルコ政府の用命だったかな?)が
リミット寸前1時間ぐらい前に飛行機を出して日本人200数名を乗せて飛んでくれたのです!

 

凄いですね! (驚)

 


実はですね。
日本ではエルトゥールル号遭難事件の話は、ほぼ串本町民限定でしか有名ではないのですけども。
トルコの国では全国的に有名な話で学校の歴史の教科書にも載ってるくらいだそうです。

トルコ政府の用命だったかトルコ航空の自己判断だったかとゆーのには関係なく、
飛行機の乗務員達、機長・福機長・客室乗務員の方々は
『困ってる日本人に恩返しがしたい』 という思いで飛行機に搭乗してくれたそうで、それは本当に…
本当に勇気ある行動だったと思います。

最初に機長が『俺一人でも飛ばす!』 と言ったら
他の乗務員達が 『いやいや僕も!』 『私も!』 

なかなか出来ることではない。

 

飛行機って、飛ぶと決まってから実際飛ぶまで色々な手順があって時間かかるんでしょうね?
時間ギリギリなのでヘタしたら撃ち落とされるかもしれないですね??

う〜ん(汗)

この話をTVで観たとき、感動のあまり全身にトリハダがたちました。


樫野崎灯台-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにですけどワタシ。
前々回のサッカーワールドカップで開催地が日韓合同だったときは
日本代表の次にトルコ代表を応援してました〜 (゚Д゚)ノ

  
Posted by nobufish at 00:54Comments(8)TrackBack(0)

2007年07月19日

新潟県中越沖地震

最近チト日記の更新に間が空いてしまったのだけど、何でかと言うと…

(仕事がちょっと忙しいというのもありましたが。)

先日新潟で地震があったですよね?
スゴイことになってますよね。

毎日TVのニュースで、
倒壊した家とかメッチャ困ってる住民の方を見てると、とてもとても胸が痛みます…

昨日おとといと、パソコンの前に座りましたけど頭の中がグルグルしてて日記の更新は無理でした。
ワタシの住んでいる串本町も近い将来必ず大地震が起きるとされていて、
とても人事とは思えないのです…

で、グルグルと色々考えて。
小さくても自分は自分なりの、
出来るだけのことはやっていきたいと思いましたです。

何だか支離滅裂(しりめつれつ)な文章になってしまったですけど許してやってください。

ではでは…

  
Posted by nobufish at 23:14Comments(4)TrackBack(0)

2006年08月24日

ウミガメ放流記

ウミガメ-1

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、近所の海岸で”ウミガメの放流”がありました。
ウミガメとゆーと、大海原をゆうゆうと泳いでいるあのウミガメです。

ひと昔前はウミガメが砂浜に上がってきて産卵するなんて
ごく普通のことだったのですけど、
環境破壊が進んでいる今日このごろではそれが珍しくなってきてる
ようです…
(昔は砂浜で穴を掘って遊んでたら普通に亀の卵とか出てきた)

なので近頃は”ウミガメを保護する会”なんてのが設立されて
町の勇士たちが日々ウミガメの保護に勤めてくれてます。

ご苦労様デス ( ゚△゚ ;)ゞ!!!   感謝してます!

ウミガメ-2

 

 

 

 

 


今年は数が少なかったらしく、全部で40匹ぐらいらしいです。
環境保護、マジで考えなアカンです (゚Д゚)ノ

ある書籍で読んだ話しです…

海に捨てられたビニール袋が海面を漂ってるのをよく目にしますよね?

アレをウミガメの視線から見たとき、
彼等にとってはエサのクラゲに見えるらしいです。
なので食べるらしいです…
で、結果、 ビニールで胃袋をいっぱいにして死んでしまうのです…

おー、何となげかわしい (;゚皿゚)
海・陸にかかわらず、ゴミのポイ捨ては罰金100万円とゆー法律が
出来たらイイのにと真剣に考える…(-ω-;)

 

とか何とか思ってるうちに放流スタート。
イベントを見学にきたちびっ子達に小亀が手渡される。

ウミガメ-3

 

保護する会の人達の
努力の
たまものデス。

ちっこいですね〜♪

 

 

ウミガメ-4
ソレ行け! ガンバレ!

海はついそこだ ゚Д゚)ノ

 

ペッタペッタと
クロール?で歩いていく

 

 

 

 

 


 

ウミガメ-5

 

 

が、この後
大きな波が2〜3発やってきて
小亀をさらっていく…

小亀からすれば楽チン
このうえないコトでしょう
けど、周りにたくさんいた見物人にはチトものたらないようでした…

 

 

 

 


見送る子供たち

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちも『エッ、 もう終わり!?』っていう顔して
名残惜しそうに見送ってましたデス。


この亀たちが数十年後にまた戻ってきてくれますように!
クリックお願いします!
↓↓
人気blogランキングへ1票 それポチっとな〜 ヽ( ゚∀゚)ノ

ランキングに参加してます、一日一回クリックしてくれると
励みになります、です。

  
Posted by nobufish at 23:37Comments(18)TrackBack(0)

2006年07月01日

独立記念日?

紫陽花と黒

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日は、ガラスエッチング工房を始めてちょうど一年の日でした。

大げさに言えば創立記念日というヤツですね〜 ヽ( ゚∀゚)ノ
…んが、
特に記念日を祝うようなこともなくて普通に一日
ガラスエッチングしてました。

イベント的なことはしないデス(一人店長ですから)

まあ、ウチは店舗なしの自宅兼工房ですし、開店してすぐのときは
Webサイトもまだ立ち上げてなかったので
『開店おめでと〜! パチパチパチ(拍手)』
とゆー雰囲気ではなくって、メッチャおごそかなOPENでした…

正直言うと、心細かったです、ハイ。

明日はどうなる我が身?
手漕ぎの小船に乗り込み、イザ太平洋の大海原へ Go!(゚Д゚)ノ
と、いうぐらい不安と期待が入り混じってましたけど、
なんとかかんとか一年間頑張れました。


まだまだ頑張りますので、応援代わりにクリックお願いします!
↓↓
人気blogランキングへ1票 それポチっとな〜 ヽ( ゚∀゚)ノ

ランキングに参加してます、一日一回クリックしてくれると
励みになります、です。

  
Posted by nobufish at 21:27Comments(14)TrackBack(0)

2006年05月07日

行き先は風まかせ

わたげ

 

 

 

 

 

 

 

 

風にのって種を運んでもらって、
さらなる新天地を求めて空の旅…

人生100%風まかせ

アイデア賞をあげたい気分ですねえ?、自然の生きものってスゴイ。

でもたどり着いた先が必ずしも地面とは限らないのが悲しい現実。
厳しい自然ですよネ?
アスファルトの場合はすき間にもぐり込んで生きながらえることも
出来ますけども…
そこが海上であったときはどう頑張っても無理!  絶対ムリ。

この点、人間は自分で自分の道を決めれるので、かなりマシだと思う。
うんうん、自分の意思をもって突き進めますねえ?
で、あとは自分の頑張り次第、努力次第! (゚Д゚) クワッ
(努力は決して裏切らないとゆー 我が師の言葉もありますし)

おお?、今日は真面目な内容の話ではないですか!?

あ、そうそう… わたげをUPしたついでに大放出。

ピンクの花青い花

 

 

 

 

 

 

 

パンジー?ニリンソウ?

 

 

 

 

 

 

 


まあ、花が好きだと言ってくれる読者の方もいることですし…
---------------------------------------------------------
春は花の季節ということでクリックをお願いするのは
強引ですか??
↓↓
人気blogランキングへ1票 それポチっとな〜 ヽ( ゚∀゚)ノ

ランキングに参加してます、一日一回クリックしてくれると
励みになります、です。

  
Posted by nobufish at 22:53Comments(5)TrackBack(0)

2006年04月14日

キャッチコピー

日光浴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近、写真に文字を入れ始めたことにお気づきでしょうか?

まあ、こんだけ大きな文字なのでイヤでも目につくでしょうけど、
実はこれにはちゃんとしたワケがありますデス。

ズバリ 『キャッチコピー』の練習であります (>Д<)ゝ!

実は只今のところ工房のHPをリニューアルしてる真っ最中です。
ちんたらローペースで頑張ってます。
チョット遅すぎです。
で、商品の写真の横に入れるキャッチコピーを考えてるんですけど、
なかなか良いのが思い浮かばない。

う〜む (-ω-;) (-ω-;) (-ω-;)??

どんだけ考えをめぐらせてもダメ…
考える人(ロダン作)のポーズをとってみてもダメ…
頭をシャカシャカ振ってみてもダメ…
(ラッカースプレーは振ると出が良くなりますが…)

何故、アイデアがでないのか???

それはアレです、普段やってないからです。

練習ナシでいきなりピアノの発表会に出たって
まともに弾ける訳がないですね、当然。

それと同じで、HP作りのときだけキャッチコピー考えたって、
イイのが思い浮かぶ訳ないやんけぇ щ(゚ロ゚щ)

……… よし、 じゃあ、  練習だ、練習!
Blog(この日記)を使って練習しよう、  そうしよう。

っちゅうコトで、これから文字入り写真がしょっちゅう登場しますけど、
あまり気にしないで見てやってくださいね〜 (; ̄_ ̄)ゞ
-----------------------------------------------------
こんなワタシにクリックして気合を入れてくださいませ!
↓↓
人気blogランキングへ1票 それポチっとな〜 ヽ( ゚∀゚)ノ

ランキングに参加してます、一日一回クリックしてくれると
励みになります、です。

  
Posted by nobufish at 22:50Comments(11)TrackBack(1)

2006年04月01日

日常の中にもチョットした…

朝霧の中のカモ

 

 

 

 

 

 

 


朝霧のようでチョット微妙……
ここの干潟は周りに温泉施設がいくつかあるのでやや水温が高め。
なので春先でもこんなふうに朝霧が出たりします。。。。。。。。

っつーか湯けむりじゃないのコレ?
とかいうツッコミが聞こえてきそうですね。

あまり深く考えないように!(゚Д゚) クワッ
(魚が生活しているのでお湯ではなくて水ですヨ、一応…)

話は超強引に変わりますけど、今日は大感激する出来事が
ありました。
先週HPから製作の依頼があったお客さんからメールを頂きました。
嬉しいことに納品後の報告をしてくれるお客さんが結構おります。

今回の依頼内容はこう↓
『友人への送別の記念として、ワインボトルにメッセージを彫刻して
プレゼントしたい…』

春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもありますねえ…

納品までの日数がキツキツだったのですけど、
こんなことに使ってもらえるのならと、がぜんハリキリました!
もちろん根性で間に合わせましたよ。

ん〜、
そのお客さんからして、大切な友人なんでしょうねえ、。
オリジナルのメッセージを彫刻して贈りたいと思うぐらいですから…

で、プレゼントしたときに、
その友人の方が涙を流して感激してくれたというのです。

……なんていうか、その

そういう気持ちが嬉しかったのだと思います。
そこまでして気持ちを伝えてくれることに感激したのでしょうねえ。

ワタシとしては
製作するというコトで、そーゆーことのお手伝いができたことを
嬉しく思います。

正直ジ〜ンときましたよ…

この仕事やってて良かったと心底思った今日の午後でした。
-----------------------------------------------------------------
今日はオチはありませんけど、
たまには真面目な話もアリとゆーことでクリックお願いします。
↓↓
人気blogランキングへ1票 それポチっとな〜 ヽ( ゚∀゚)ノ

ランキングに参加してます、一日一回クリックしてくれると
励みになります、です。

  
Posted by nobufish at 23:05Comments(11)TrackBack(0)

2006年01月14日

ガラスのコラム

今回はチョットだけマジメな話です。

毎度毎度アホウな話ばっかりだと、HPからリンクを
たどってきたお客さんが、

『ここのWebショップで買うのやめよう』

とか思うかもしれないし… (´ロ`;

ガラスエッチングの製作品を見て、その気になってる人が、
工房日記を見たところ

ズボンのチャック全開の話を読んで興ざめしたりするかも
しれないし… (´ロ`;

(チャック全開話は前回参照)

 

………… ハッ! Σ(゚д゚`)

マジメな話

マジメナハナシヲセヨ  (゚Д゚)ノ  (天の声)

 

 

と、いうことで (半強制的に)

 

ガラスというものは、どこの家庭にもありますよね?

コップであったり窓ガラスであったりお酒の瓶であったり。

まあ、食品とかの容器に使われるぐらいですから、
かなり安価なんでしょう。
100円ショップでも買えますし…

で、ガラスって一体いつごろからあったかと言いますと。

なんと、紀元前25世紀(4500年前)からあったそうです。
(古っ! )

もちろん日本ではなくて、メソポタミア文明で有名な
チグリス川・ユーフラテス川から、
地中海の東側あたりの土地で
『古代オリエント』とか呼ばれてるトコが発祥ですよ。

学生の頃、世界史で習ったことで覚えてるのは、
世界四大文明の名前ぐらいですかねえ…

最初のころ、
ガラスは、もんのスゴク高価なものだったそうです。

公家や大名など一部の上流階級しか入手できなかった
そうです  (日本語ヘンですか??)

だってそうでしょ?
なんでも”発売してスグ”って値段高いですよねえ。

でも、すぐに値下がりしますよねえ。

最初は100万ぐらいしてたプラズマTVも、
もうちょっとで衝動買いできる価格帯にランクインですもの、
奥様! (゚Д゚) クワッ

それでですよ、ガラスが上流階級だけのモノなのは
面白くない、とばかりに庶民は頑張ります。

見よ! 庶民パワー!

って訳で、時は流れることの紀元前1世紀。
吹きガラスの技法が登場しますですよ。

こうなると、簡単にたくさん作れるので値段は安くなって
普通に買えるたりする訳ですよ、奥様! (゚Д゚) クワッ

そんでもって、吹きガラス技法の登場を皮切りに、
ガラス製品は一気にヨーロッパに普及するのです。

 

じゃあ日本のガラス製造は一体いつからなのか?

弥生時代(2000年前)ぐらいに製造していたような、遺跡は
あるらしいのですが、
ホンマに作っていたのか、
はたまたチャレンジしてただけなのか、

『多分作っていた』  … ということになってます。 

ガラスを溶かすというのは、
その当時の日本の技術では難しかったようですよ。

本格的に ”生産〜流通”体制に入ったのは西暦1500年を
過ぎてからだそうです。

まさかとは思うけど、3勤交代とかあったりして。

---------------------------------------------------------------------

今回の話が、為になるとかならないとかじゃなく、
応援クリックしてくれると嬉しいっすよ〜
↓↓
人気blogランキングへ1票  それポチっとな

  
Posted by nobufish at 21:48Comments(3)TrackBack(0)

2005年12月12日

たまにはこんな話も…

今日は、午前中に少しだけ製作をして
後はほとんどパソコン作業でした。

ここんとこパソコンを使う機会が多いですねえ、
HPの管理もそうですけど、エッチングのデザインもパソコンで
書いてますから…

そのうち眼鏡にお世話になる日がくるかも?

そういえば”鬼太郎のオヤジ”は視力が低下したらどうするん
でしょう ?(゚Д゚)?

眼鏡は無理だからやっぱりコンタクトかなあ…
(1dayアキビュー?)

いや、そもそもドライアイ対策はどうしてるのかという疑問が…

 

 

それはそうと。

昨日の朝、サンデーモーニング(TV番組)のスポーツコーナーを
観てましたらば。
フィギアスケート男子の織田選手がですね、優勝が決まった瞬間
に大泣きしてました。

まさに大号泣! (つД≦。)

そんなに泣かなくっても、ってぐらいすごかったですけど。
多分ものすごい練習とか頑張ったんでしょうねえ。

自分の昔のことを思い出してしまいました。

 

実は私は何年か前に、某自動車ディーラーに整備士として勤めて
おりました。
その自動車屋さんはとても待遇など良かったのですけど、どうしても
やりたいことがあったので、6年勤めてから退職したんです。

その最後の日、あいさつをするときに不覚にも涙が出ました。

何ていうんですか、その、今まで色々と頑張ってきたことを一気に
思い出してしまったんですねえ。

私は整備士の学校を出たわけでもなく、見習いからスタートした
んですけど、早く一人前になりたくって必死でした。
自分で自分に”喝”を入れる毎日でした。

もちろん勉強して資格も取りました。
けどこの自動車整備士の資格って結構”形だけ”のものだったりします。
だって自動車整備が出来なくても、ペーパー試験に受かって
決められた日数の講習を受ければ、くれるんですねえ、コレが。

でもヤッパリ、やるからには少しでも上を目指したい!
ってことで、メーカーの技術研修に積極的に参加したり。
休みの日に廃車のエンジン分解して勉強たりと、まあ本当に
色々やりましたよ。
自分の乗っていたバイクなんて、未分解のトコがないってくらい
いじり倒しましたから…

技術を上げることに、ものすごく執着してましたねえ。

…で、最後のあいさつのとき、
今まで頑張ってきたことを思い出したら、少し涙が出たわけです。
(号泣じゃないですよ)

自分でもビックリしました。

そんなのドラマの中だけだと思ってましたから…

 

 

なんてことを、コタツに入ってTV観ながら思い出しました。

 

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:39Comments(0)TrackBack(0)