2006年01月08日

セレブな焼酎??

突然ですけど。

犬好き (いぬずき)
大好き (だいすき)
似てませんか ?(゚Д゚)?

大犬大好き (おおいぬだいすき)
ややこしいですねえ。

青春の汗
青春の汁
似てませんか ?(゚Д゚)?

似てない! 

ハイそうですか…

 

 

ウチで製作しているもので、エッチングボトルというのが
あります。
解かりやすく言えば彫刻ボトルのことなんですけど、
初期の頃に作った試作品やらサンプルやらがいっぱいで、
置く場所がなくなってきたわけですよ。

『飲んでしまえばエエやないか』
と言う声も聞こえてきそうですけども、
なんかこう…、色々とデザインやら文字やら彫ってあると、
開けてしまうのがもったいない気持ちになります、ですよ。

でもまあ、置き場所が無いわけですから仕方なく…

会社で言えば、いらなくなった大事な人材をリストラする
中間管理職の思いで仕方なく…

まあ、仕方なくですよ ヽ( ゚∀゚)ノ

開封してしまいました↓

 

ピュアブルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の肖像を彫刻してあるコレ、
というかこのデザイン、
ある友人は『ねーちゃんボトル』と命名して、
いたく気に入っておるようです。
(友人→既婚女性)

ちなみに、こんな彫刻したお酒を飲むと、
どことなくセレブな気分になったりしますよ、
セレブが焼酎を飲むかどうかという疑問はさておき、
日常のちょっとした楽しみです ヽ(;´ω`)ノ

色んなヤツがまだ結構あるんですけど、
誰かもらってくれないですかねえ…

----------------------------------------------------------

焼酎とセレブはミスマッチだ!
と思う人も思わない人も、一票入れてくれると
嬉しいっすよ ( ゚∀゚)↓↓

人気blogランキング

  

Posted by nobufish at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月21日

喋々

チョット小耳に挟んだ他人の会話、
片方の人がその友達らしき人に

『”フランダースの犬”と”名犬ラッシー”って、どう違うんやろう?』

 

(心の声)

……違う!

全然違うやんけ Щ(`□´;Щ) !

 

ラッシーは実写版でフランダースはアニメ。

ラッシーはコリー犬で、フランダースは……アレ?

何て犬だったっけ?

まあ、違うんっすよ。

 

 

とまあ、毎日寒いですねえ。

ウチの工房はネット販売が主なのですけど、実は隣町のカフェレストラン
に製作品を数点置かせてもらってます。
何故にカフェレストラン?

飲食店とガラス彫刻って、つながらないですよね。

ケーキ屋さんで仏像の販売してたら…ってそこまで遠くないですけど

理由はそこのマスターが私の友人だからという、ありがちな話
だからです ( ´ω`)ノ

余談ですが、大手チェーンの”紀伊国屋書店”はもともと炭を売ってる
お店だったそうですよ。
店内に炭は見当たりませんけど、カウンターで注文すれば奥から
出してくるかも?
勇気があって羞恥心のない人はぜひ試してみてください (゚Д゚)ノ

 

話を戻して っと。

で、ありがたいことにそのカフェレストランにやってくるお客さんから
チョイチョイ注文をもらったりします。

この前も、オリジナルの何かを作って欲しいという話があり、
行って来たんです。
お店に入ると父・母・娘の三人がおりまして、どうやら今月誕生日を
迎えるお父さんへのプレゼントにするようです。

このお父さんは趣味で蝶の収集をしてまして、色々相談した結果
蝶のデザインのビアマグを作ろうということになりました。

で、『デザインはそちらで描いたものを彫れますよ』と言うと

早速娘さんが描く描く! 
お〜、素晴らしい画力 ( ̄□ ̄ )!!

色々提案されるラフ画に対して
『え〜、そんなんイヤや』とか『これをこうしたほうが…』
といった意見が出ました。 (お母さんから)
その家庭の序列を垣間見たような気がします。

結局、じっくり時間をかけてデザインしたものを後日郵送
してくれました。

絵のセンスあります。
ウチの専属デザイナーになって欲しいってチョット思いましたよ。

 

Web上で公開しても良いとの許可をもらったので、どうぞ (´ー`)ノ

蝶のビールジョッキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに”ビールジョッキ”というのは和製英語だそうで、本当は
”ビアマグ”というそうです。

 

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月14日

こんなのもアリ

この前、朝ゴハン食べてたら。

マグカップの底周辺に紅茶がこぼれてるぢゃないですか。

あれ? 飲むときに口元からしたたったのか (´Д`;?
う〜ん、まだまだ口元がゆるくなるような歳ではないと思うけど…

テーブルを拭いて朝食続行。

 

またこぼれてる (゚ロ゚;)

 

………マグカップの底にヒビ入ってました。

あ〜、お気に入りのマグやったのに』という残念な思いと、
口元ゆるくなってなくてホッとした』という思いが半々 (-ω-;)

超寒がりの私には、大切な冬のお供『マグカップ』がないと大変困る、
(厳密に言うと、冬のお供はその中にそそがれるHOTドリンク)

という訳で、100円ショップで買って来ましたマグカップ。

ちょっと試したいことがあったので無地のものを選びました。

 

 

彫ったらどうなるやろう? ( ̄▽ ̄*)。。oO

 

用意するもの:無地のマグカップ、ラッカースプレー(黒)

さっそく作業に……
(中略)
ハイっ!! ココに出来上がったものがあります(料理番組風に)

おう、これはなかなか

肉球マグカップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事中にこんなことして遊んで研究してます ( ゚△゚ )ゞ

でもこれって、アレですねえ、
塗りたてコンクリートの地面が固まる前に、犬が歩くと
こんなになりません?

肉球

 

 

 

 

 

 

 

陶磁器も面白いっていうのを発見しました。

そんなのアリ?

ありでしょ〜

小野しんじ、バーモント育ち (゚Д゚)ノ!

 

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月08日

番外編?

先日書いた日記で、カントリーマーケットの時の写真が
2枚しかなかったので、知人から

『あれじゃ雰囲気が解からんよ〜 (゚Д゚ ) 』

とか言われました。

一人参加だったので、ブースを離れられなかったのです。
だから2枚です。 (´д`; )

主催者の方のHPにレポートがあるのでコッチで観覧してくださいな。

第5回カントリーマーケット

 

 

しかしまあ、何ですねえ(桂小枝風に)
エッチングって知名度低いですねえ?

サンドブラストって言うと余計に話が分かりにくいみたいです。

解かりやすく説明しようとするのですけど、なかなか難しいです。

サンドブラストというのは、砂を吹き付けた勢いでガラスに彫刻
をする技術です。

もともとは船のサビを落とすための道具だったらしく、彫刻に
使われだしたのはここ数十年前なので歴史は浅いです。

ちなみに、吹きガラスは紀元前からあります。 堯(゚Д゚; )ノ

サンドブラストは口で説明するよりも実際見たほうが解かりやすい
ですよね。

こんなの↓

彫刻される犬

 

 

 

 

 

 

「エッチング」というのは、厳密にいうと薬液でガラスを腐食
させて、すりガラス状の模様やデザインを仕上げる技術です。

でも最近ではサンドブラストによるガラス彫刻もエッチングと
呼んだりしていますねぇ。

 

 

ここからチョット番外編  ヾ( ̄o ̄ )

砂を吹き付けて彫るんですから、実はこんなのもできます。

木の看板エッチング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の看板に”ガラスエッチング工房”って彫ってます、何か色んな
ツッコミが聞こえてきそうですが私には聞こえません ┐(  ̄ー ̄)┌

文字の部分を残して、まわりを彫るんですけど、この100円ショップで
買ってきたゴムの木が硬いの何の、なかなか彫れないんですよ。
杉とかパイン材だと彫りやすいんですけど…

あと、文字を焼印風にしたくてバーナーであぶったんですけど、
ススけて黒くなるだけなのでダメでした。

(ウチはガラスエッチング工房ですよ〜 ヽ(´ー`)ノ  )

 

 

ちなみにこんなのも

デニム・エッチング

 

 

 

 

 

 

 

 

デニム生地に”ガラスエッチング工房”って彫ってます、何か色んな
ツッコミが聞こえてきそうですが私には聞こえません ┐(  ̄ー ̄)┌

そもそも彫刻と言うこと自体疑問ですね? ハイ……

(ウチはガラスエッチング工房ですよ〜 ヽ(´ー`)ノ  )

 

ちなみに……

 

HP工事の仕事に戻りなさいと言う、天の声が聞こえてきたので
これぐらいにしておきます。
新商品のページもアップしないと〜   ( ;´Д`)ノ

 

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 21:52Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月06日

コリー犬のビールジョッキが欲しかった少年

前回の日記でUPした画像に友達が写っていました。
買い物ではなくてお仕事中ですねえ、職員なので…

と、先日書いたカントリーマーケットの余談になります。

 

開場前から入り口に行列ができていて、開場とともに
人出はものすごく多かったんです。
でもウチに全然人が来ないんです…

最初のうちは仕方がないだろうと思いつつ、時間が経過すると
ともにあせりが出てきます。
ですから
『買って買って光線』
を出しながら周りを見渡してました。
…… ら?
5年ほど前の同窓会以来の同級生がバッタリ通りかかって、

『エッ?何? ○○に勤めてたんじゃなかったっけ (゚ω゚)?』

と聞かれて

『いや… 実は脱サラして、かくがくシカジカ (; ̄_ ̄ )ゞ 』

と、説明していたら、その同級生が連れていた息子さんが。

『はう〜! コレ欲しい! ヽ(≧∀≦)ノ 』

『こうて!こうて!こうて!こうて!』
訳:(買って買って買って買って買って)

と、猛烈な買って買って攻撃。
犬デザインのビールジョッキにかぶりつき状態。

ここまでされると少々財布の紐が硬い親でも一撃でやられます。
ベニヤ板のバリケードにロケット砲弾を撃ち込むようなものです。

お買い上げ決定。

しかし、少年がビールジョッキを欲しがるという光景はなかなか
面白いものです(推定 小学1〜2年生)
彫刻してるハスキー犬とコリー犬のデザインが、いたくお気に入り
のようでしたが、

『どっちか一個にしなさい (-盆-  ) 』

と親に言われてハスキーのほうを選んで買ってくれました。

彼はジョッキでジュース飲むそうです…

それにしても私が出していた『買って買って光線』が効いた
んですかねえ…
少年のお買い上げを皮切りに、ウチのブースにお客さんが
ポツポツと立ち寄ってくれるようになりました。

 

 

そして夕方…

そこそこ製作品も売れて、閉会前に抽選会になりました。

この抽選会はですね、
各ブースでお買い物をした方に、そのブースがプレゼント用
にと用意した商品がくじ引きで当たるというものです。

ウチからはコリー犬の彫刻をしたビールジョッキを出してます。

例の少年が当たるのを楽しみに、もうワクワクです o( ̄д ̄o)

 

…… 残念ながらハズレ

 

すごく残念そうにしていたので、ウチで売れ残ったものをあげることに
しました。
ビールジョッキは売り切れでなかったのですが、コリー犬デザイン
ペーパーウエイト(ぶんちん)を彼は選び、
『ヤッター!ありがとう〜 ヽ( ゚∀゚)ノ 』
と目をキラキラさせて喜んでくれました。↓

コリー犬 ペーパーウエイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきんど(商人)としては失格なのでしょうけど、私は一流の
商人を目指してないので一向に構わないのです w( ̄Д ̄;)w

それよりも何よりも、この少年からはお金以上のものをもらった
ような気がします。

 

 

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:45Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月16日

バセットハウンドのコップを作ってみよう

ニュース見ながら晩ゴハン食べてました
『歯磨き○○大臣が〜……』とアナウンサーが言いました
エッ! ハミガキ Σ(゚ロ゚;)

 

………よくよく聞いてみると、谷垣外務大臣でした ( ´△`)-3
舌かみそうですねえ。

 

さて、昨日の続きですが
『ガラスエッチングとは何ぞや』
『サンドブラストとは何ぞや』
というのを、写真入りで解説してみましょう。

ガラスエッチング製作風景

デザインを用意(今回はバセッハウンド)

バセットハウンド・原稿



彫刻したいデザインを用意します。
チョット怖いですねえ、昔あった
『投稿特報王国』という番組の、
アナウンサーがビックリした瞬間
みたいですが、デザインの黒い部分を
彫刻するのでこれでいいのです。
(彫刻部分が白っぽくなるので)

 

原稿製作

マスキング


デザインを基に、フィルムというか
ビニールテープみたいな物で、
型を作ります。




 

エッチングの素材を用意
エッチンググラス・素材


彫刻する素材を用意します、
今回はグラスを使ってみます。

 

 

 

 

養生

グラス養生


縦横のバランスを気にしつつ
フィルムを貼り付けます。
あと、デザイン以外の部分を
ビニールシートなどで完全防備
にします。

 

 

 

いよいよエッチング

作業風景

彫刻される犬



 

 

 


 


デザイン部分に高圧で砂を吹き付けます、圧力を上げると
グラスぐらいは簡単に穴が空いてしまうので、小物に彫る場合は
低めの圧力設定がよいです。
デザイン以外のビニール部分は何で破れないのかと言いますと、
これは硬いものは彫れるけど柔らかいものは彫れないからです。
五右衛門の斬鉄剣でコンニャクが切れないのと同じ原理だと
思ってください。

コーティング

彫刻された犬

吹き付けられる犬



 

 

 





彫刻したところ真っ白ですねえ、このままだとイマイチ高級感に
欠けるし、汚れが付くと落ちにくくなるので、ガラス彫刻専用の
コーティングをします、やや白っぽさを残したまま半透明に
仕上がるのでなかなかグッドです。

完成

バセットハウンドのグラス



よく乾かして、出来上がりです。

 

ε=(。 ̄д ̄。)フー

 


 

バセットハウンド好きな人しか買わないであろうこのグラス、
コアやなあ…… (; ̄_ ̄)ゞ

(注:まだ発売前です)

ガラスエッチング工房「がらすの森」

 

  
Posted by nobufish at 22:34Comments(3)TrackBack(0)

2005年11月15日

ガラス彫刻について

この日記は、そう、仕事日記。
仕事日記なのですけど、裏日記なので微妙に仕事の事に
触れながら実は関係ないことを書いてたりします。
工房のHPとつながってるこの日記は、
お客さんが見てるかもしれないので(多分)
営業色バリバリで書くつもりでした、でしたでした

最近チョット日記が一人歩きしているようなので、いっそのこと
HPとのリンクを断ち切ってしまえば

ハメを外して書けるんじゃないのか? (゚Д゚) クワッ

……… と、 思う

いやいや、バカなこと言うたらアカン

そんなこんなで、今日は真面目にガラスエッチングのネタです。

ヽ(´ー`)ノ

ガラスエッチングというのは、日本風に言えばガラス彫刻のことです。
ガラス彫刻にも色々と流派みたいなものがありまして…
というか加工法の種類ですねえ。
間違っても、裏千家とかお家騒動とかありません。
あと家政婦が見てたりもしません。

グラスリッツェン→ダイヤモンドでガラスを引っ掻いて絵を描く
コールドカット→ガラスに直に切り込みを入れる(江戸切子など)
ケミカルエッチング→薬剤でガラスに、くもりガラス状の絵を入れる
その他→まだ色々あると思います(多分)

はい、色々ありますねえ、ウチの工房がやっているのは
サンドブラストというものです。
簡単に言うと、ノズルの先から圧縮された空気と一緒に砂を
噴出します、その砂が当たる勢いでガラスに彫刻してしまおう
というものです、想像できますか??

 

…そうですか
そろそろ仕事に戻るので、また次回にでも写真入で説明したいと
思います。 ( ゚∀゚)ノ
この忙しいのに、何でブログ書いてんだオレ?(;´Д⊂うぅ。。

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月07日

コーギーのグラス

昨日仕上げた展示品をHPに載せるため、悪戦苦闘して撮影してみた。
ガラス器って写真に撮るの難しい! プロのカメラマンでもないのに雑誌やカタログのような写真はムリだ (´д`;)
………なんて言ってはイケマセン (゚Д゚)ノ!
だってHPに来てくれたお客さんは実際に品物を手にとって見れるわけじゃあないから、写真はきわめて重要。 そう、いくら男前だろうが美形だろうが、お見合い写真に半目の写真なんか使ったら会う前から断られるであろう。
それと一緒で(???) いくら丹精込めて製品を仕上げてもHPの写真が悪ければハイそれまでよ、お見合いより10000倍は厳しいネット販売、弱肉強食の世界で生き残っていくのにそんな泣き言は言うたらアカンのです、ハイ。

とりあえずちょこっとだけ掲載 (試しに)

コーギー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーギのグラスです

出来としては『「よいではないか! ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ 』と自画自賛できるぐらいです、納得できるように仕上がったときには思わず一人でニヤリとしてしまいます。写真のウデはイマイチですねえ…。
しかし、まだHPで発表してない製品をブログで紹介してしまっていいのか ?(゚Д゚)?
これ見てHPを見に来た人が『あれ〜、犬のグラスなんか無いやんか?』とかなったらどうするのか?
いやまあ、ブログはブログ、HPはHP、(HPへの集客という下心も全くないと言えばウソになりますが)なので、楽しく書くことをモットーとします ヽ( ゚∀゚)ノ

『でもこれってコーギ好きな人しか買わないんじゃない?』 とかいうツッコミはナシです。 他の犬種もありますから。
『犬だけかい』っていうツッコミは禁止です、だって今のところ犬だけだから……

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:52Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月30日

エッチングと植木鉢

先日、営業先の花屋さん(ウチの商品を置いてもらってる)に展示品を引き取りに行ってきました。
ガラスエッチング工房と花屋さんって関連なさそうですね? 連想できませんね?  工房経営はアイデア勝負 (゚Д゚)! …なので「植木鉢の名入れ彫刻」はどうだろうと思って、それはそれはオシャレな花屋さんの店頭に置いてもらいました、しかもレジ横一等席ですよ (゚Д゚) クワッ!
こんなの↓

エッチング植木鉢

 

 

 

 

 

 

 

 

で、二ヶ月ほど置いてもらって

 

………………………………受注が一件 (T▽T)

 

最初の一ヶ月を過ぎたあたりで、『展示するのをやめるときには連絡をくれればスグに引き取りにきますね』と言っておいたのだが、一向に”引き取ってくれコール”がこない。

そして受注もない………(゚◇゚ ;)

とうとう耐え切れなくなって自分から引き取りに行ってきましたよ。
とても親切にしてもらったので菓子折りも持って行きました、自分の好物だったので食べてしまいたい衝動を抑えながら車を運転していきました。

ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 22:06Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月26日

ガラスエッチングの生贄たち

今朝起きたら何か頭がズキズキする。
う〜アタマ痛い〜、でも今日は埋め立てゴミを出す日なので早く出さないとイカンのです。 溜まりにたまったガラス板は分別上は埋め立てゴミ、月に2回しか収集しないので今日を逃しちゃヤバイ、(前回の出し忘れ分もあるし)
ということで10数キロはありそうなゴミ袋を抱えて収集所へ…
うーん、この頭痛と悪寒は風邪引いたかなあ (‘A`)


何でこんなにガラス板を消費するのかというと、ウチの工房では新しいデザインを彫刻するときには、いきなりコップやボトルに彫るのではなく、まずガラス屋さんでもらってきた要らない板ガラスに試し彫りするんです、で、イマイチだったらデザインの原稿を修正して彫りなおし…というのを繰り返して、

『店長これでイイですか ( ゚△゚ ;)ゞ?』

『よっしゃ! (゚Д゚)ノ OK!』

という会話が脳内で交わされて初めて商材に彫刻するわけですが、店長(自分)は相当厳しいのでなかなかOKを出してくれません。
もらってきた(タダの)ガラス板なのをいいことに、彫って彫って彫りまくるのです。一つのデザインを商品化するのに大量の板ガラスたちが生贄となっております。
だからいざ商材に彫るときにはちょっとドキドキ、でも納得の仕上がり。
のハズですがたまに本チャンでの完成品でも

『ダメ! (-盆-) NG  』

 なんてこともあります、店長キビシイですから…
ホントにちょっとしたことなんですけどね、よく雑誌に載ってる「7つの間違い探し上級編」ぐらいのちょっとしたことなんですけど、物づくりを生業(なりわい)としている限りプライドが許さんのです!щ(゜ロ゜щ)

あ〜、ダメだし喰らったあのグラス達の利用法を考えないと…

ガラスエッチング工房「がらすの森」

 

  
Posted by nobufish at 23:49Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月24日

ワインと焼酎だらけの職場

作業台の横にズラッと並ぶワイン・焼酎のボトル…

そう、わが工房で商品化に向けて色々と試作したエッチングボトル

どんなデザインがイイとか、このボトルにはこのデザインだ! とかを片っ端からやっていたら、結構な本数になってきて置き場所に困る始末。
う〜んどうにかせねば…
(ちなみにエッチングボトルというのはこういうヤツです、ボトルに彫刻してます)↓

エッチングボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いっそのこと自分で飲んでしまおうかと思ったり…
いや、ダメだ! 最近仕事が忙しくって寝不足気味だから晩酌なんかしたら胃腸に悪いかもしれない。

……チョットだけにしておこう ヽ(゚∀゚)ノ

まあ空瓶に彫ってしまえば処分しやすいのだと思うのですが、どうも完成したときのイメージが中身入り未開封のものと空瓶とでは大幅に違うわけでして、やっぱり
「物づくりには徹底的にこだわりを持って取り組むべし!
 ( ゚Д゚)クワッ 

という信念に基づいてやっていたら、”毎日が飲み会”のような勢いでワインや焼酎を買ってしまいました。  (オイオイ、そんなにお金使って大丈夫なのか?)というもう一人の自分の声も聞こえてきますが、
「物づくりには ……   略 ( ゚Д゚)クワッ 」
ということで今現在、倉庫に置ききれない酒類がせまい工房に鎮座してます。
もしボトルにエッチング彫刻してなかったら、ただの酔っ払い工房のようだ。


ガラスエッチング工房「がらすの森」

  
Posted by nobufish at 14:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月23日

ガラスはいい!

私は物づくりが大好きです。
作業に集中してるときには一食ぐらい食事を抜いても平気な私はガラスエッチング工房を営んでいます。

いわゆる『脱サラ』というヤツでして、物づくりにどっぷりと頭まで浸かりたいがために、この仕事をしています。

ガラスエッチングってあまり聞きなれない言葉ですけど、解かりやすく言うとガラス彫刻のことです。
彫刻といっても、ガラスで仏像やミロのビーナスなんかの「彫像」を彫ったりするわけではなくて、グラスなどのガラス食器やワインのボトルなんかにデザインを彫りこんだりする、そっちのほうです。

なぜガラス彫刻を選らんだのかといいますと…

「ガラスが大好きだから」(゚∀゚)

という単純な理由です(というか単細胞)。

そういえば子供のころにラムネ(飲料のほう)の栓として使用されていたビー球が欲しくて欲しくてたまらなくて、必死になって取ろうとしたことがあったなあ…

今はビー球ではなくて、グラスやお酒のボトルが相手ですが、やっぱりガラスはいい!! (*TーT)bグッ!
好きなことを仕事にすれば毎日が「いやっほ〜う」な生活かというと、そういう訳ではないけれど、やっぱり選んでよかったなあと思う今日この頃。

ガラスエッチング工房「がらすの森」


  

 

  
Posted by nobufish at 15:41Comments(0)TrackBack(0)