2009年03月04日

レトロ・キッチン

釜戸-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和洋中を問わず、味のある古い建築物が大好物なのです〜  ( ´ω`)♪

ついでに、それらに付き物の古い家具とか建具とかも大大大好き。

先日、三重県にある紀南ツアーデザインセンターに行ってきたのですが、
ここは明治時代の古民家を、そのまま残して施設として利用している
レトロ好きにはたまらない建物です。

土間にはドドーンと立派な釜戸(かまど)が鎮座していて、
平成に入った今の世でも現役バリバリで活躍中。
毎日これでお茶を沸かして、訪問客の皆さんに無料でふるまってくれます。

わたしゃ3杯も頂きました〜。 (ごちそうさまでした)

釜戸-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釜戸と言えば燃料はもちろん、プルトニウム!
ではなくてマキですね…
裏庭には大量のマキが積んでありました。

センターの管理人の方と、マキ割りの話をしていて、
『そう言えば…。 マキ割りってTVとかで見たことあるけど、したことないんですよ』
って言ったら。
『やってみます?』 とのこと。

興味しんしんでチャレンジ。
ありがたく”初マキ割り体験”させて頂きました。

 

〜 感想 〜
マキ割りって結構難しいイメージがあったけど 、やってみたら案外スパッと割れる。
手ごたえが気持ちエエです♪
ただ… 真ん中から5・5分けに割るのは難易度高いっす(汗)
振り下ろした斧が狙い通りのとこに行かず、7・3分けとか8・2分けになってしまいます (-ω-;) ウーン



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nobufish/51240786
この記事へのコメント
のぶちゃん、まいどです。
お茶を3杯・・・たぶん新記録じゃないですか!
ここは私も大のお気に入りで、熊野方面に行くとよく寄らせてもらっています。なんかこう「日本のくらし」みたいなのが感じられるのがいいですよね!私自身がこんな家で育ったわけではないのだけど、ホント不思議です。
Posted by mikumano at 2009年03月05日 11:30
mikumanoさん、こんばんはです!
デザインセンターは個人的にすご〜くお気に入りの建物やし、
居ると気分的に落ち着くのでついつい長居してしまいます。
この日は午後から閉館直前まで、まったりしてたら
『お茶でもどうぞ』と、1時間置きくらいに勧められてしまって、気がつけば3杯目でした〜
Posted by のぶ at 2009年03月10日 22:24